ガソリンと軽油の違いってなんですか?

ガソリンスタンドに行くと、ハイオク・レギュラーに並んで、軽油も売られていますね。
普通の乗用車に乗っているとあまり接する機会のない「軽油」ですが、これは一体、なんなのでしょう。

「軽油」は、カタカナで言うと「ディーゼル」です。
ひと昔まえまでは、一般車両でもディーゼル仕様のものがたくさんありました。
海外では、まだ、ディーゼル車が主流という国もあります。

軽油は、ガソリンと同じ、石油からできています。
不純物を取り除くために、石油を熱して、液体を蒸留します。

このとき、ガソリンは230℃以下の温度で発生する蒸気から採取されるのに対して、軽油は、140℃から380℃で発生する蒸気から採取されます。
したがって、軽油は、ガソリンよりも、高温高圧の状態で、燃焼効率が良く、燃費が向上するという特性を持っているのです。

ただし、低温には非常に弱く、燃費も悪くなることから、寒い地方でのディーゼル車の使用はあまりお勧めできません。
これが、ガソリンと軽油の違いです。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。