ガソリンのレギュラーとハイオクの違いは何ですか?

レギュラーガソリンと、ハイオクガソリンの違いは何でしょうか。
ハイオクを入れると、早く走るし、燃費もいいらしい。。。
なんて、あやふやな知識のまま、ガソリンを選んではいけません。

レギュラーとハイオクで最も違うのは、「オクタン価」です。
「オクタン価」が高いと、ノッキングを起こしにくいのです。

ノッキングとは、エンジン内で車を動かすためのガソリン燃焼がうまくいっていない状態ひとつですが、これが起きると、アクセルを踏み込んでも、思ったようにスピードが出ない、という症状がおきます。

エンジン内でガソリンが燃焼する仕組みは、こんな風です。
空気と燃料が混じった気体を、ピストンで圧力をかけ、プラグから出る火花で引火し爆発を起こす。

ハイオクガソリンは、レギュラーに比べると、圧縮をかけやすく、爆発したときに発生するエネルギー量が多いのです。
つまり、エンジン内でのガソリンの燃焼がしやすい=燃焼がうまくいかないという現象が起こりにくい=ノッキングを起こしにくい=走りに支障をきたすことが少ない、ということができるわけです。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。