ケアマネが感じるやりがいとは

ケアマネの仕事のやりがいとは一体どのような事でしょうか。
やりがいとして実際に働いている人が挙げたのが、人の為に働く事ができるという事です。
これは、日々のルーティーンワークをこなすだけの事務職では得る事ができないものと言えます。

一人一人の人生に深く関わり、相手の為に働く事によって、他の職業では味わえない感動も味わう事ができます。
例えば、ほとんど寝たきり状態だった高齢者が、訪問看護や介護サービスなどのサポートを受ける事によって、自力で歩けるようになるまで回復したとしましょう。
この時の喜びや嬉しさは、他の仕事では味わう事はできないものです。
勿論、本人の努力や家族のサポートも大切です。
しかし、この時に担当のケアマネージャーとしては他の職業では計り知れない、達成感と満足感を得る事が出来るでしょう。

また、利用者のニーズに適したケアプランを作成し、それにより少しずつ体を動かせるようになっていったなどという事も、仕事に対して誇りを抱く事ができるはずです。
その他、介護保険制度の中心的な存在として、介護の現場をリーダーとして引っ張っていくとい事とも、非常に誇りを持てるでしょう。

ヘルパーと違い、肉体的な体力は必用ありませんが、多くの人の悩みを聞いて考えなくてはならないので、精神的な強さが求められる仕事でもあります。

カテゴリー: ケアマネージャー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。