ケアマネとホームヘルパーを兼務する

ケアマネ資格を持っている場合、ヘルパーとケアマネージャーの兼務を命じられる事があります。
これから法律の改正や、行政の対応によって変化していくかもしれませんが、現在はヘルパーとケアマネージャーの兼務は多少限定的ですが、認められています。

ケアマネージャーは常勤で専任が一人居なければならないとされていますが、仮にヘルパーがおらず、ケアマネージャーが二人いる場合は、どちらか片方がヘルパー兼務として訪問する事が可能です。
ただし、常勤換算数に応じたケース数しか担当することはできません。これは従来どおりです。

基本的に兼務する事を法的に禁止されているわけではないので、その事業所の台所事情や、ケアマネ資格者の器用さ(ちゃんと使い分けできるのか)によって現状認められています。
もちろん、兼務しなくてもいいように人員が揃っているのが理想ではありますし、ちゃんと兼務がうまく行っているのか、という判断も必要です。
今後、法改正も予想されるところですので、現状兼務OKですが、状況に応じて対応していく必要があります。(2011/7月現在)

カテゴリー: ケアマネージャー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。