ケアマネになるには何が必要か?

ケアマネージャーになるには、まずは介護支援専門証を取得する必要があります。
その為にはまず、介護支援専門員実務研修受講試験を受験して合格しなければいけません。
合格後、実務研修を修了すると、介護支援専門員としての資格を取得する事ができるのです。

ケアマネ試験を受験する為には、一定の基準を満たす必要があります。
一つは、保健医療系もしくは福祉系の国家資格を取得しており、実務経験が5年以上である場合です。
もう一つは、老人福祉施設や在宅介護サービス業での実務経験が5年から10年以上の場合です。
まずは、これらの条件を満たさなければ受験資格すら得る事ができない難関です。

その為、高校や大学を卒業して資格取得を目指す場合は、まずは介護や医療現場に関係する仕事の資格を取得し、実際に働く事が最短ルートとなります。
こうした現場や仕事の中で経験を積んでから、取得を目指しましょう。
なお、試験は毎年1回実施されています。
一定の資格を取得している場合、試験科目が一部免除される事となるので、他の資格を取得しておくと合格に近づく事ができます。

カテゴリー: ケアマネージャー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。