ヨガ教室を開く為のスキル

ヨガ教室の開き方ですが、資格は義務づけられてはいませんが、ヨガインストラクターの資格を取りましょう。
インストラクターに必要なスキルはポーズのバリエーション、呼吸法、ヨガの歴史、プログラムの作り方、指導法などの知識と技術が必要になります。

ヨガは深い呼吸と無理のない動きによって、心と身体のバランスを整えていくものなので、解剖生理学や心理学の知識も求められることもあります。
公的な資格はなく、独自の認定資格を設けているスクールや団体があります。
いろいろな流派があるので、どのインストラクターになりたいのかを明確にすることです。

ヨガ教室に絶対に必要な道具という物はないのですが、より快適に行うのにはヨガマットがあると便利です。
まじめにヨガをするとかなりの汗をかくので、足裏がすべりやすくなります。
畳みやカーペットの上ではべたっとしてなんとなく不快なこともあります。
ヨガマットは汚れても水洗いができるものがおすすめです。素材は塩化ビニールが一般的ですが、最近は環境に配慮したものも出来ています。

カテゴリー: 教室を開く   パーマリンク

コメントは受け付けていません。