介護で働けないという人を増やさないためにはどうしたらよい?

仕事を持っている人の中で将来的に家族の介護が必要になったときの不安を感じている人はとても多くいます。
家族の将来的な看護を考えた際の、一番大きな不安は仕事と介護を両立させることです。

また、介護費用や、自宅で面倒を見ることが出来なくなったときの介護施設への入居についても、大きな不安要素となっているようです。

企業が儲けている介護休業制度も、年に93日までの休暇が認められているだけなので、十分でないと感じる人が多くいます。
親が認知症を患った場合、年間93日の休暇では介護を行うことは不可能に近いでしょう。

働けなくなるかもしれないという不安を取りのぞくためにも、介護への不安を軽減し、仕事との両立を支援するためにも、実態に即した柔軟な支援制度が必要となるでしょう。
介護には、思った以上にお金がかかります。
介護保険だけで、介護を行うのは難しいのです。
介護で働けない人を生まないように、官民一体の支援体制の強化が求められます。

カテゴリー: 高齢者   パーマリンク

コメントは受け付けていません。