個人教室の開き方について

個人教室を開く場合一番お金がかからない方法として、自宅教室を開く方法があります。
しかし、自宅で教室を開く場合、プライバシー、セキュリティの問題が発生するので、女性や年配の方はよく考えて下さい。

何かを販売してお金ももらうわけでなければ、特に資格や許可などは必要ありませんが、
開業届け出くらいは提出しておいた方が自分のモチベーションアップにもいいと思います。
個人教室を開く前に決めておくことですが、まずは対象年齢・一度に参加可能な人数・日程・時間・料金やプログラムなどはあらかじめ決めておきましょう。
目先のスケジュールだけでなく、長期的な計画を立てておいた方がいいです。

本格的なレッスンを始める前に体験クラスや体験レッスンなどを開催すると、具体的な教室のイメージを持ってもらうことが出来ます。
個人教室では生徒の募集、運営や金銭管理、必要な物品の購入なども自分でしなくてはいけないので、家族の理解や協力が必要になってくるのでよく相談した上で教室を開きましょう。

カテゴリー: 教室を開く   パーマリンク

コメントは受け付けていません。