書道教室を開くのに必要な用具

書道教室の開き方ですが、自宅の部屋を教室にする場合は生徒数にもよりますが6畳ほどの部屋でも十分です。
人数が増えたら、クラスを分けて時間帯を工夫するという方法もあります。
また公民館や集会所といった公共の施設も比較的安価な費用で借りられ、机や黒板が揃っている場合もあるので習字教室に適しています。

教室に必要な机は和机の方が部屋を広く使え、脚が折りたたみ式だと片付けにも場所をとりません。
黒板は要点を示したり、筆順を教えるのに活用します。添削用具は良く出来た箇所に朱液で丸を付けたりします。
他にも揃えておくと便利なものは、ビニール製の上敷きを敷いておくと生徒が墨をこぼしても簡単に拭き取れます。
照明や冷暖房機器も備品としては必要になります。

指導に便利な「日本習字掛図」や「習字指導要領」などがあれば便利です。
生徒さんを集める方法ですが、人通りの多い場所で宣伝効果が高いのは看板やポスターです。
ホームページや口頭でご近所さんや商店街の方などに依頼するのも効果的な宣伝方法の一つになります。

カテゴリー: 教室を開く   パーマリンク

コメントは受け付けていません。