無年金者でも入れる養護老人ホームってどんなところ?

養護老人ホームとは、環境的、経済的な理由から自宅で生活をすることのできない65歳以上の高齢者を受け入れるための施設です。
生活保護法の養老施設の流れを汲んでおり、生活困窮者を対象としているので、介護保険の適用外となります。
そのため、寝たきりなど介護が必要な高齢者は入所することができません。

自立または要介護保険の認定が要支援程度の人が入所する老人ホームです。

養護老人ホームに入所するには、各市町村の行政の許可が必要となります。
各市町村の判定基準は、無年金者や、財産処分を余儀なくされてしまう人といった所得のない人を対象としているので、望めば誰もが入所できるという施設ではありません。
月額8万円の年金受給者であれば軽費老人ホームへの入所が可能ですが、無年金で所得のない人はこの養護老人ホームへ入所します。
養護老人ホームの半数以上が公営の施設で、運営費のほとんどは、行政の予算で賄われています。
入所者または扶養家族に一定の収入がある場合は、負担金が生じることもあります。

カテゴリー: 高齢者   パーマリンク

コメントは受け付けていません。