社用車のガソリン給油には、法人契約が便利です。

社用車のガソリン代は、どのように処理していますか?
各自社員が、仮払いや経費清算で請求する、というのが一般的かもしれませんが、清算の手間を省いたり、給油場所や給油者の把握をしたりするのでしたら、法人契約するという方法があります。

法人契約といっても、さまざまな方法があります。
例えば、スタンドを決めて、月ぎめ契約すると、通常より割安な料金で給油する事ができる場合や、各石油会社が発効する法人契約のクレジットカードをつくり、これでガソリン代の支払いをする、などという方法です。

デメリットは、前者は、遠くまで出かけた際にガソリンが足りなくなって給油したい場合にできないこと、後者は、ガソリン以外のことに使われる危険性があることでしょうか。

他の方法として、クレジットカード機能を持たない、法人契約カードを発行している石油会社もあります。
なかには、カードではなくICチップを入れたキーホルダーを提供している会社もあり、それを機械にかざすだけで、給油が可能になるというものもあるようです。
これなら、社員分のカードを用意せずとも、車のキーにつけておくだけで済むので、便利ですね。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。