老人ホームの入居条件にはどのようなものがある?

老人ホームには、公的施設と有料施設とがあり、入居条件が異なります。
どちらの老人ホームに入居を希望する場合でも、誰もが好きな所に入居できるわけではありません。
老人ホームごとにそれぞれ入居条件があります。

特別養護老人ホームは65歳以上で心身上障害があり、介護保険で介護の必要があると判定された人が利用可能な老人福祉施設です。

老人保健施設は、心身共に傷害のある高齢者の自立を支援するための、入所型機能訓練や生活指導を行うサービスです。
老人保健施設へ入所できる人は、入院治療の必要がない寝たきりの人、リハビリが必要な人、日常生活が困難な認知症で要介護1以上の認定を受けている人です。

ケアハウスは、身の回りのことを自分で出来る人が利用できる施設で、介護度が重くなった場合は退去しなければなりません。

老人ホームによって要介護度などの細かい入居条件は変わってきますが、ほとんどの施設で65歳以上という原則が設けられているようです。

カテゴリー: 高齢者   パーマリンク

コメントは受け付けていません。