自動車免許証に導入された暗証番号は、どんなものですか?

運転免許書にICチップが埋め込まれるようになったのは、2007年からです。
この、運転免許書のIC化は、2007年から段階的に、各都道府県で実施され、現在では完了しています。

運転免許書のIC化により、氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号、本籍、また、顔写真のデジタル化したデータがチップ上に登録されています。

これに伴い、同ICチップ上には、2つの暗証番号を設定記憶させ、チップ上の情報を確認する際には、入力が要求されるようになっています。
氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号は暗証番号1つを入力することで確認できます。
本籍と顔写真の情報は、暗証番号を2つとも入力しないと、確認できないように設定されています。

運手免許証は日本国内の身分証明書として使われる大切なものなので、IC化することにより、偽造防止力を高め、個人情報保護にもひと役買っています。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。