自動車税を滞納したときの支払い方法を教えてください

自動車税は、毎年4月1日に車を所有している人に課せられる、所有税です。
よく誤解されていますが、車検時に同時に収める重量税とは異なりますので、注意して下さい。

4月の下旬から5月中旬にかけて、車の所有名義者に対して、4月1日時点に所有者が在住している地方自治団体から、自動車税の支払い連絡がきます。
支払期限は2週間ほどありますが、これを支払わないでおくと、支払期限日の翌日から30日までは7%ほど、それ以降は14%ほどの延滞金が課せられます。

支払期限を過ぎて3ヶ月ほどすると、納入督促状が郵送されてきます。
この時点で、既に14%ほどの延滞料金が上乗せされた金額が請求されます。

支払い方法は、このときに同封されている振込用紙を使って、関係金融機関やコンビニエンスストアから振り込むことになります。

税金ですので、逃れる事はできず、ずっと払わないでいると、財産を差し押さえられる可能性もありますので、延滞することなく支払うことをおすすめします。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。