自宅で教室を開く時の部屋の内装について

自宅で教室を開く場合ですが、あらかじめ余っている部屋があれば問題は無いと思いますが、
教室として使う部屋が普段も日常生活に使用している場合があると思います。

生徒さんのためにも掃除や整理整頓に気を使うのはもちろんですが、レッスンの日だけでも居心地のいい空間になるようにしたいものです。
特に玄関や、通る廊下、トイレなどはとても気を使う場所だと思います。

内装屋さんに壁紙を張り替えてもらったり、室内の装飾を見直したりするとかなり変わります。
トイレには派手な飾りつけなどよりも清潔感を持たせるといいでしょう。
おしゃれなパーティション(ついたて)などで、日常の生活空間が目に入らないようにするのもいいと思います。

広い部屋が用意出来ない時などは、大きな鏡を設置することで広く感じられ、開放感もうまれます。
部屋の内装やインテリアについては、自分の趣味を入れずに誰もが居心地のよい空間になるように、なるべくナチュラルにする人が多いようです。
反対に個性を打ち出して他と差別化する人もいます。

カテゴリー: 教室を開く   パーマリンク

コメントは受け付けていません。