車検が切れていたことに気付いたら。

車検が切れている車で公道を走ることは、交通法で禁止されています。
このまま公道を走り続けると、法を犯し続けることになります。

また、車検の有効期限はフロントガラスにシールで張ってありますね。
これを見ていなかった、忘れていた、という言い訳は、とおりませんので、もしも、警察に捕まれば、間違いなく処罰の対象になります。

車検が切れていたことに気づいた以上、その車で公道を走ることはやめましょう。
そして、その車に乗り続ける意思があるのなら、早々に車検を受けましょう。

車検を受けるところまで移動するためには、レッカー車を呼ぶか、仮ナンバーを申請して装着した上で、公道を走るか、です。

仮ナンバーは、免許センターに行き、車検が失効したことを告げて、仮ナンバーの申請をしたいと言えば、すぐに手続きをしてくれます。
ほとんどの場合、その場で仮ナンバーを発行してくれるようですので、それを車に装着すれば、合法的に公道を走れる、ということになります。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。