運転免許証をうっかり失効させてしまいました。どうしたらいいでしょう?

運転免許証の有効期限は、自分の誕生日後一ヶ月までです。
免許証の更新は、この誕生日をはさんで、一ヶ月前から期限日である一ヵ月後の二ヶ月間のうちにやるよう定められています。

この期間中に免許証の更新手続きをするのを忘れ、うっかり失効させてしまった場合でも、救済期間があります。

免許の失効後、六ヵ月のうちに更新手続きを行えば、学科試験と技能試験が免除され、免許証更新手続きの際に受ける講習と同様のものを受ければ、更新できます。

六ヵ月から一年の間に更新手続きをする場合には、学科試験が免除になります。
一年以上経ってしまった場合には、試験の免除はありませんから、気をつけてください。

やむを得ない場合

ちなみに、やむを得ず失効してしまった場合には、失効後、六ヶ月までは学科試験および技能試験が免除されます。
やむを得ない事情というのは、海外旅行、病気、法令による身体の拘束などです。

ただし、この場合は、事情を証明する書類(パスポートや入院を証明する診断書など)を添付して、失効手続きを行う必要があります。

また、これらの事情が平成13年6月19日以前に生じた場合は、失効後3年を過ぎてもその事情が止んで1か月以内であれば失効手続の申請が可能です。

カテゴリー: 車にまつわる知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。