高齢者の行う嚥下体操ってどんなもの?

高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐために嚥下体操を行うと良いでしょう。
嚥下とは、水分や食べ物を飲み込むことです。

嚥下機能低下の特徴は、歯が少なくなる、唾液の分泌量が低下する、飲み込み反応が遅くなる、むせの反射が出にくくなる、むせの力が弱くなる、食べることへの集中力が弱まるなどです。
器官や肺などに食べ物が詰まってしまいこれが原因で肺炎を起こしてしまうことがあります。(誤嚥性肺炎)

食事の前に嚥下マッサージや嚥下体操を行うと良いでしょう。
まずは、頬のあたりをほぐし、口を動かしやすいようにマッサージしてあげます。
次に、口を大きく開けてその後唇に力を入れてしっかり閉じるこれを2~3回繰り返します。
舌を出したり、上下左右に動かしたりを5~7回繰り返しましょう。
「あいうえお」など好きな言葉を発音しましょう。
苦手な言葉を発音して訓練するのも良いですね。5回程度発音練習します。
最後につばを飲み込んで、咳と大きな深呼吸をすれば嚥下体操終了です。
嚥下体操はゆっくり行うことがポイントです。

カテゴリー: 高齢者   パーマリンク

コメントは受け付けていません。