高齢者の食事の献立を考えるのに気をつけることは?

高齢者になると、歯やあごの衰えにより、今まで普通に食べていた物が食べにくくなってきます。
年齢と共に筋肉が衰え噛む力が弱まっていくからです。
また、歯の状態も入れ歯であったり、もろくなっていたり、歯がなかったりと固い物を噛み砕くことが出来なくなっています。

高齢者には高齢者の食べやすい食事の献立を考えなければなりません。
高齢になっていくと、口の中が虫歯の増えやすい状態になっています。
歯と骨を強くするためにも、カルシウムの豊富な献立を考えると良いでしょう。
カルシウムを摂るための魚にも、小骨があると高齢者には食べにくいので、魚を前もってほぐしておくという工夫をしてあげると良いでしょう。
バランスの取れた献立を考えてあげてください。

また、食事の量にも気を配らなければなりません。
年と共に食事の消化吸収する力も弱まっています。
一度に沢山の食事を与えてしまうと、消化不良を起こす場合もありますので、数回に分けて食事を与えるようにしましょう。

カテゴリー: 高齢者   パーマリンク

コメントは受け付けていません。